交通事故治療を希望の方

女性必見!!むくみでお悩みの方へ原因と対策

    むくみとは?

    むくみとは、皮下に余分な水分が溜まっている状態で、「浮腫(ふしゅ)」とも呼ばれます。 動脈から身体の各組織中ににじみ出た水分は、役目を終えた後、通常は静脈やリンパ管に戻ります。 しかし、何らかの原因で静脈やリンパ管に回収されにくくなると、たまった水分に皮膚が押されて膨らんだような状態になり、むくみが起こります。女性の場合は、妊娠中にもむくみが起こりやすいです。この記事の後半では、妊娠浮腫についての原因と対策も記載しております。

     

    主な原因は?

    血液やリンパの循環不良

    血液やリンパ液が組織に戻りにくくなることが、むくみの一因です。

     

    血管の拡張

    血管が広がりすぎることで、血液や体液が組織に滞留しやすくなります。これは一般的にアルコール摂取後に見られることがあります。

     

    姿勢の影響

    長時間同じ姿勢でいることが、特に足のむくみに影響します。長時間の座り仕事や立ちっぱなしの作業は注意が必要です。

     

    ホルモンの変動

    妊娠や生理周期の変化に伴い、ホルモンバランスが変わり、むくみが生じることがあります。

     

    対策は何があるの?

    適切な運動

    日常的な軽い運動や足首や足の筋肉を使ったエクササイズは、循環を促進し、むくみを軽減します。

     

    バランスの取れた食事

    高塩分の食事は体内の水分を増やす原因となります。野菜や果物を多く摂り、水分バランスを保ちましょう。

     

    足の高さを変える

    寝るときに足を少し高くすることで、重力に逆らって体液が戻りやすくなります。

     

    水分補給

    十分な水分を摂ることで、体内の塩分濃度が調整され、むくみが緩和されます。

     

    冷却

    冷却パッドや冷却ゲルを使って局所的に冷やすことで、血管が収縮し、むくみを緩和できます。

     

    妊娠中のむくみについて

    妊娠中にむくみが起こるのは一般的な現象であり、特に下半身や足首、足の裏などに見られることがあります。これは主に以下の理由によるものです。

     

    体液の増加

    妊娠中、体内の血液量や体液量が増加します。これは胎児の発育や母体の変化に対応するための生理的な変化であり、体内の余分な水分が組織に滞留しやすくなります。

     

    ホルモンの変化

    妊娠中には女性の体内でさまざまなホルモンの変化が起こります。これにより、血管の拡張や水分の保持が増加し、むくみの原因となります。

     

    子宮の圧迫

    成長する子宮が、下半身の静脈やリンパ管を圧迫することがあり、これがむくみを引き起こす可能性があります。

     

    妊娠中のむくみ対策5選!

    足の上げ下げ

    長時間同じ姿勢を続けないように心がけ、足首をくるくる回して足の筋肉を動かすことで血行を促進します。

     

    休息と足の高さ

    座っている際や寝る際に、足を高くして休むことがむくみの軽減に効果があります。

     

    適度な運動

    医師の許可を得た範囲で、軽い運動やウォーキングを行うことが血行を良くし、むくみを緩和するのに役立ちます。

     

    適切な水分摂取

    充分な水分を摂ることで、体内の水分バランスが整いやすくなります。ただし、過度な塩分の摂取は避けるようにしましょう。

     

    妊娠ストッキング、着圧ソックスの着用

    医師の指示があれば、妊娠ストッキングを着用することで血液の循環を助け、むくみの緩和に寄与することがあります。
    ただし、むくみが急激で痛みや不快感を伴う場合、または持続する場合は、医師に相談することが重要です。

     

    からだケア鍼灸整骨院にお任せください!!

    当院では、むくみを緩和することのできるメニューをご準備しております。

    ボディケア 60分 ¥7,300→¥6,600

    ご予約はこちら◎

    足つぼ 30分 ¥4,700→¥4,300

    ご予約はこちら◎

     

    お身体の血流を良くすることでむくみの改善が期待できます。

    全身オイルトリートメントなどオイルメニューもご準備しております。

    まずはお気軽に無料カウンセリング!!